BIGLOBE SIMの通信速度実測&評判

通信速度

BIGLOBE SIMの回線網は、docomoの高速通信回線を利用しています。通信スピードに関しては、ドコモの回線を利用しているのであれば、通信速度もつながりやすさも安心ですよね。そんなドコモの高速通信回線を格安で利用できてしまうのは、BIGLOBE SIMの強みとなりそうです。今後のMVOや格安スマホのサービスの成長がさらに広がり便利になっていきそうですね。

BIGLOBE SIMの帯域制限

MVNOすべてで共通ですが、全てのユーザーが平等にご利用いただけるよう、過度にデータ通信を使用したユーザーに対して、速度制限を行っていました。この制限は最も近い3日間のデータの容量がどれぐらいであるかによって決まり 、あらかじめ定められた通信量を超過した場合について、速度の制限をしていました。72時間制限が廃止となりました!つまり、BIGLOBE SIMの格安スマホでは、直近72時間でどれぐらいデータ通信を使ったか気にする必要はなくなった事により、利便性の向上としてはかなり大きな進歩です。

BIGLOBEの格安SIMの月額プランに関して

BIGLOBE SIMの料金や初めにかかる手数料についての紹介です。現在、使用している月々の携帯料金と見比べながら、どれだけ料金が安くなるか、参考にしてください。これから、月額費用と初期費用を見ていきましょう。

BIGLOBE LTE料金・初期費用

BIGLOBE LTEの月額プランは、データ通信専用SIMと音声通話付きSIMで分かれています。音声通話が出来るSIMは、電話番号の最初の3桁が、070/080/090/の番号になりますので、普通のスマホと同じように、携帯電話としても使いたい場合は、音声通話付きSIMを選んでください。データ通信専用SIMではダメで音声通話機能付きSIMを選ぶ必要があるんです。通話SIMの料金は、1GBプラン(音声通話スタートプラン)1,400円、3GBプランで1,600円、6GBプランで2,150円、12GBプランで3,400円、20GBプランで5,200円、30GBプランで7,450円となっています。

データSIMの料金は、3GBプランで900円、6GBプランで1,450円、12GBプランで2,700円、20GBプランで4,500円、30GBプランで6,750円です。

200Kbpsの低速通信のみが使い放題になるベーシックプランと、それ以外のプランでは262.5Mbpsのスピードが出るNTTドコモのLTE高速回線が利用できるプランになっています。初期投資はどれも3,240円で、これに端末代がプラスされると考えてください。

BIGLOBE SIMの最低利用期間

解約縛りと違約金に関して、解説していきます。データSIMには最低利用期間がありません。いつ解約しても、解約手数料は掛からないのが嬉しいですね。それに対して通話SIMでは12カ月間の縛り期間が定められています。万が一、1年以内に解約するとなると、バカにならない額の手数料を払い込む必要が生じます。その金額は8,000円です。キャリア会社のように利用期間毎に自動更新されないので、3ヶ月以上絶っていれば、解約手数料がかからないというのは大きな魅力です。

BIGLOBE LTEとは?

BIGLOBE SIMとは格安SIM・格安スマートフォンを扱うサービスで、docomoの回線を利用しています。この格安SIMや格安スマホというのは、他社から乗り換えるとつき具期の支払いがとても安くなるというものです。なんといっても毎月の代金が900円から利用できるのですから、いま、大注目なのも頷けますね。このスマホは、NTTドコモと同じ回線を使っているので、ドコモと同じように対応エリアも広く、通話品質も同等です。エンタメフリーといわれるサービスがBIGLOBE SIM特有のサービスとなっています。Apple Music、Spotify、YouTube、AbemaTVといった動画や音楽のストリーミングサービスで通信量をほとんど消費せずに使えるというもの!という背景から、BIGLOBE SIMのキャンペーン情報からMNP情報まで、すべてをまとめました。最後まで、お付き合い頂ければと思います。

docomoネットワークを使った格安スマホサービス!

BIGLOBE LTEの回線はドコモのものを使っています。同じ回線なので通話品質はdocomoと変わりませんし、サービスエリアなどもドコモのそれと全く遜色なく、安心して使うことができます。docomoのスマホならば、ほとんどの機種でBIGLOBE LTEに対応しています。スマホをお持ちでない方やこれを機に機種変更をされたい方のために、BIGLOBE LTEはセットでの販売も用意しています。すでに使い慣れたNTT docomoのスマホを手放したくない方は、SIMカードだけの申し込みで利用できますし、わざわざ、スマホを追加購入する必要はありません。信頼のドコモの回線を使えて、今までよりも安価で利用できるお得なサービス、それがBIGLOBE LTEの格安スマートフォンサービスです。

セットのSIMフリースマホが種類豊富

今あなたの使っているスマートフォンが、BIGLOBE LTEに対応していない場合、対応する端末を購入する必要があります。BIGLOBE LTEではそうしたスマホ本体もセットで購入が必要な方のために、他のMVNOよりも豊富な種類の本体を取り揃えてありますので、選択の幅が広いことが特徴のひとつです。スマートフォンでは画面が小さいという方も,BIGLOBE LTEではたくさんの種類のタブレットやSIMフリールーターも買うことができますので、満足の行く端末が見つかると思います。

データ容量の繰越しに対応

プランによって高速通信量は変わりますが、データの通信量はその時々で違うので、ひと月で全てを使い切れないこともあります。そういった悩みにもBIGLOBE LTEであれば、残りのデータ容量を翌月に持ち越すことが可能なのです。このような翌月加算サービスをしていないMVNOもありますので、これはBIGLOBE LTEの魅力の一つです。格安スマホだとはいえ、翌月の繰越しシステムを利用して無駄なく使い、さらにお得に使いたいものですね。

通話代が半額で番号通知可能なBIGLOBEでんわ

「BIGLOBEでんわ」はBIGLOBE LTEのサービスで、通常の通話料が半額になります。相手の番号にプレフィックスと呼ばれる特定の番号を付け足して電話をかけるものでIP電話と違い、相手方の電話に、自分の番号が通知されます。通知される番号は、もちろん、いつも使っている電話番号が相手方に通知されます。相手から見れば、普段通りの電話ということになります。IP電話を使う場合、多くの場合は発信者番号通知に対応していなかったり、050から始まる番号で通知されたりしますので、使い勝手の面では「プレフィックス型」に劣るのは否めません。この点、BIGLOBEでんわの先進性がご理解いただけると思います。電話カケ放題のオプションも始まりました。

3分かけ放題

大手携帯会社、AU、Softbank、docomoは、カケ放題がありますが、一般的にMVNOでは、通話し放題のサービスには対応していないのです。基本料金の安いスマホには興味あるけど、結構通話をする頻度が多いから心配という人にも安心です。月額650円で通話し放題のがBIGLOBE LTEから新たに登場しました。ただし、1回の通話が3分以内というものです。しかし回数制限はありません。普通の電話回線を使っている、この3分かけ放題のサービスは、誰から電話がきたのかわかるようになっていますし、いつものように電話をかけるのと同じなのに通話料無料いうのが売りです。BIGLOBEでんわを使用した際には、通話料が1分21.6円であるため、目安としては、月1時間以上話す方にお勧めのですね。

無料通話がお得!””通話パック””とは?

またBIGLOBE SIMには、月額600円の3分かけ放題とは別に、通話パック60という通話オプションがあるんです。この通話パック60は、月額650円で無料通話が1,200円分できるというお得なサービスとなっております。誰かと通話する時に、いつも3分以内で電話を切ってしまうというタイプの方は、「3分かけ放題」プランがおすすめです。逆に、時々長電話をすることがある人には、「通話パック60」がピッタシ合いますよね。さまざまなサービスがありますから、是非あなたに合ったプランを見つけて下さいね。うまく合わせれば、料金もお得になるかもしれませんよ!

初月は無料

格安SIMをBIGLOBE LTEで契約すると、その月の料金はただになるって知ってました?最初の1ヶ月というのは、SIMカードやスマホ本体が届いた日を含む月を指します。つまり、届いて使い始めた日によっては、丸々1ヶ月分得をしてしまう。ってことになります。実際には現在お使いのキャリアの解約手数料や更新月との兼ね合いもありますので、SIMカードやスマートフォンの受け取りを、月初めにすることが一概にお得とは限りません。

【期間限定】限定キャンペーン!!

楽天モバイルの評判と料金プランの詳細解説

速度

楽天モバイルの場合、docomoの高速回線(下り最大225Mbps、上り最大50Mbps)を利用した通信サービスです。スピードに関しては、ドコモと同じ回線なので、通信速度についての不安はなさそうですね。ドコモと同じ回線なのに、お値段が破格なのは、楽天モバイルならではの大きなメリットの一つといえるでしょう。将来的にMVNOや格安スマホはどんどん普及していきそうですね。

楽天モバイルの3日間制限

MVNOすべてで共通ですが、どのユーザーも同じように通信できる環境を確保するため、データの通信が多すぎるユーザーがいる場合は、そのユーザーは通信速度を制限する措置の対象になります。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量を合計し、ある規定の容量をオーバーしてしまった利用者には、データ通信速度を遅くされてしまいます。もし、直近の利用日の3日間で規定量を超えなければ、自動的に対象外となるのです。通常の使用量であればまず引っかかることはない制限にはなります。契約プランごとの規定容量 3.1GBプラン:540MB 5GBプラン:1GB 10GBプラン:1.7GB

楽天モバイルのユニークポイント

楽天モバイルはNTTドコモから回線を借りて格安SIM,格安スマホを提供するMVNOの一つです。大手3キャリアからの乗り換えなら、スマートフォンにかかる月々の金額をかなり抑えることができます。月々1,250円という低価格で利用出来る格安スマホサービスとして人気となっています。楽天モバイルは、docomoの回線網を利用しているので、気になる通話の音質・電波状況・そのほか回線に関する品質などは、全て、NTTドコモのスマホと変わらないため安心です。また、楽天モバイル契約期間中は、楽天市場のポイントが2倍になるという特典も見逃せません。楽天モバイルって何?という方もいらっしゃるかと思いますので、楽天モバイルがなぜ話題なのかをまとめたレポートになります。楽天モバイルの長所・短所交えながら、ご紹介します。

docomoエリアで使える格安SIM・格安スマホ

お得なサービスの楽天モバイルは、NTTドコモの回線を利用しています。そのため、ドコモとう同様の高品質な通話品質となっています。サービスが使える範囲もdocomoと同じく広範囲で、圏外で使えなくなることも少なく信頼度は高いです。docomoのスマホならば、ほとんどの機種で楽天モバイルに対応しています。それだけではなく、楽天モバイルから販売されているSIMフリースマートフォンの購入でも利用することができるのでおすすめです。現在、ドコモのスマホを利用しているのであれば、SIMカードを楽天モバイルで契約するだけでサービスを利用できるので、また新たにスマホを購入しなくていいのです。ドコモ回線を利用した高品質で低価格を実現した楽天モバイルは、信頼できる格安スマホサービスです。

格安スマホの機種がよりどりみどり

楽天モバイルで使用できるスマホを持っていない場合には新たに端末を購入することで利用を開始することができます。楽天モバイルで購入可能なスマートフォンは、特徴的なのが種類の多さで、他のMVNOよりも選択肢が豊富です。 また、スマホに限らず、タブレット端末の機種も豊富で選択肢に迷ってしまうほどです。楽天モバイルの弱点のひとつとも言えるのが、楽天カードの会員のみが、端末代を支払う際の分割払いサービスを受けられるということです。もし楽天カードを持たないまま端末を購入するのであれば、分割払いを利用することはできません。とはいえスマホの種類の豊富さは群を抜いておりそこが楽天スマホの大きな魅力とも言えるでしょう。

データ通信料の繰越し対応

契約したプランの内容によって、利用できるデータ容量は異なりますが、あまり利用しなかった月は、データ容量が余ってしまうことが考えられます。楽天モバイルならば、次月に繰り越すことが出来るのです。MVNOの中には、残ったデータ容量を翌月に繰り越せないものもあるので、翌月に繰り越せる楽天モバイルはおすすめのMVNOです。出来るだけ損をしないような使い方をいたいと思う人が大半だと思うので、このサービスはとても魅力的です。

通話料がお得になる、楽天でんわ

「楽天でんわ」とは、楽天グループ傘下の楽天モバイルが提供している、通話料が半額になるという非常にお得なサービスです。よくあるIP電話とは異なり、「 プレフィックス型通話」と呼ばれるサービスで、電話をかけたときにはその番号が相手側に通知されるのです。相手に表示される電話番号は、日常使いしている番号です。つまり、電話の相手側からすると、いつもどおりの電話と変わりはないのです。大抵のIP電話では、非通知表示であったり、050から始まる番号が表示されたりしますので、発信者が分かりづらく使いづらいのですが、楽天でんわであれば、そのような心配な不要です。楽天でんわでの通話料金は、楽天ポイントの加算対象になりますので、更におトクですね。

5分かけ放題とは?

auやドコモ、Softbankといったキャリアは、どこにかけても通話料無料という料金プランがある一方、MVNOでは、話し放題サービスを提供していないのがほとんどです。MVNOの格安スマホは魅力的だけど、比較的通話回数が多いから不安だなー。という方も安心。楽天モバイルが提供する5分かけ放題オプションは、月額850円で国内の通話が5分以内なら何度でもかけ放題となるサービスです。電話回線を利用している楽天モバイルの5分間かけ放題のオプションは、楽天でんわと同様に、発信者番号通知にも対応し、不審に思われることなく、5分間が通話し放題になるという利点があります。NifMoの話し放題サービスの多くは、電話番号が通知できないということが多いと言われています。楽天でんわだと1分で約22円になるので、毎日2分は電話する人にはお勧めのオプションですね。

最初のひと月は無料!

楽天モバイルのお得な特典の一つにSIMカードの契約をすると、最初の一月は月額料金がタダになります。SIMカードが手元に届いたら、その月が初めて1ヶ月の月になります。もしも1日に届いたら、その月あと30日分ずーっとタダ!契約時期は現在利用中のものからの乗り換えや手数料も関わってくるので、絶対に月初待つのがお得だとは言い切れません。

楽天モバイルの月額プラン

楽天モバイルの月々の値段について説明します。現在使っている携帯代と比較しながら、携帯料金がお安くなり、節約できるのかをご覧いただければと思います。どれだけ安くなるのか、月額プランの詳細を見てみましょう。

料金

楽天モバイルの料金プランは、SIMというのは音声用とデータ用と2種類あり、料金も異なります。070/080/090番号を使う場合には、音声SIMを選ぶことになるので、従来の携帯電話として使用する場合には、データ通信しかできないSIMを絶対に選ばないよう気をつけましょう。音声SIMの料金は、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円です。

データ専用SIMの月額費用は、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円となっています。

ベーシックプランは、低速通信使い放題が使用できるプランで、このプラン意外は、LTEの高速回線という225Mbpsの利用となります。初期費用は3.240円ですが、端末も必要な場合はプラス端末代もかかります。

楽天モバイルの解約手数料

解約縛り、これは頭に入れておいてくださいね。データSIMのご利用の際には、利用期間は特に定められておりません。いつ解約しても、解約手数料は掛からないのが嬉しいですね。一方の音声通話SIMは、少なくとも12ヶ月間は利用し続けなければならないという、決まりがあります。もし、12ヶ月以内に解約をする場合、契約を違反してしまいますと9800円の費用が発生しますのでご注意お願いします。このような決められた期間が過ぎて次の12ヶ月が自動更新されるキャリアと比べると、13ヶ月経てば、いつ解約してしまっても違約金が発生しないことはメリットですね。

【終了間近のキャンペーン】

UQモバイルの評判と料金プランの詳細解説

UQモバイル評価

まず、UQモバイルを選ぶ利点として、通信のスピードが速いことにまず触れなければなりません。インターネットでの口コミやレビューなどを見ても、UQモバイルはいいと答える人の割合も多く、料金プランのバリエーションの無さや、料金が多少高額になることもありますが、その点を考慮しても、安定した高速通信を使えるとなると、かなりお得な格安SIMであることは間違いありません。通信速度を優先する人にとっては、重要な格安スマホとなってくるでしょう。

UQモバイル最大の強みである高速通信のスピード

UQモバイルの一番の利点は、同業他社と比べて、ずば抜けた通信スピードを誇っている点です。しかも安定しています。現に筆者が契約をしたMVNO類の中でも、安定して圧倒的な速さの通信速度ですので、全般的にUQモバイルを使用しています。MVNOを使うにあたって、通信速度を1番に気にする方に、どの会社のMVNOが1番良いか?と質問されたら、迷うことなくUQモバイルを推奨します。他のMVNOと比較すると、料金面では劣りますが、繋がりやすいメリットを考えると払う価値は十分にあります。

UQmobileのチェックすべき項目

MVNOの一種であるUQモバイルでは、格安のSIMおよび格安スマホを提供しています。docomo・AU・Softbankなどからの乗り換えであれば、月々のスマホ代がかなり安くなることも期待出来る格安スマホです。その中でも月額1,680円で利用出来るサービスが話題を集めています。このスマホは、AUと同じ回線を使っているので、通話可能エリアや品質がAUと同じだという安心感もあります。また、UQモバイル独自の無料通話付きプランも見逃せません。さて、UQモバイルのすべてを網羅したまとめになりますので、少しお付き合い頂ければと思います。

AU回線網を使った格安スマホサービス

WimaxでおなじみのUQコミュニケーションズが運営しているUQモバイルは、AUの回線を借りてサービスを提供しています。ですので、通話の品質はAUと比べてもなんら変わりはありませんし、サービスエリアも広範囲でつながりやすさは信頼できます。AUのスマホなら、大半の機種が、UQモバイルでそのまま使えます。UQモバイルで販売されているSIMフリースマホをセットで購入するのも、もちろんOKです。AUのスマホをお持ちの方なら、SIMカードのみの契約で利用可能ですので、また高い本体代を支払って、スマホを購入しなくても良いというのは嬉しいですね。UQモバイルはAUの回線を使用していながら、利用料金を安く抑えることができる格安スマホ・格安SIMサービスなのですね。

VoLTE(ボルテ)対応プランがある!

UQモバイルといえば、VoLTE対応プランがあるとして話題になっています。このVoLTEというものは、以前の通話音声よりも格段に音質が改善された、LTEを利用した最新式の通話技術のことなのです。それまでの方式で対応できたのは、周波数にして300Hz~3.4kHzの範囲内に限られていました。一方、VoLTEでは、50Hz?7kHzまでの音声を感知できるようになっています。つまり、圧倒的に高品質な通話が実現出来るようになったということ。これはUQモバイル最大の利点の一つです。

データ容量繰越しにも対応

そして UQモバイルの場合は、データ量の翌月くりこしにも対応している為、データの使用量が月によってかなり違うようなことがあっても、安心して使用できることはとても嬉しいポイントですね。ターボ機能というものもありますので、高速通信と低速通信の2種類に、自分の好みによって、使い分けることができます。ムダなデータ容量の消費を抑えることが出来るので、便利ですね。

UQコミュニケーションズの格安スマホの月額プラン

ここではUQモバイルの料金・通信スピードなどを紹介すると共に、そのメリットを解説していきたいと思います。月々の携帯代と見比べながら、通信料金のコストカットがどれだけ可能か、読んでみて、あなたの考えをまとめる手がかりとして下さい。どれだけ安くなるのか、月額費用と初期費用を見ていきましょう。

Uqmobileの料金

UQモバイルのプランは、SIMカードの種類ってデータ通信しかできないものと音声通話もできる二つの種類があるんです。
070/080/090といったナンバーが音声通話SIMで使用可能なので普通のスマホと同じように、携帯電話としても使いたい場合は、音声通話付きSIMを選んでください。音声通話用のSIMを選び、データ通信用のSIMと間違わないようにしてください。通話SIMの月額プランは、データ無制限+音声通話プランで2,680円、データ高速3GBプランで1,680円です。

データ専用SIMの月額費用は、データ無制限プラン:1,980円、データ高速3GBプラン:980円です。

最低利用期間

UQmobileの解約縛りと違約金に関して、説明していきます。データSIMは、最低利用期間の決まりはありません。つまり、いつでも解約が出来る上、解約の違約金も発生しません。一方の音声通話SIMは、少なくとも12ヶ月間は利用し続けなければならないという、決まりがあります。もしも、12ヶ月以内に解約してしまうと、9,500円の違約金がかかりますので、ご注意ください。キャリアと異なるのは、縛り期間の更新が自動でなされないという点で、契約から13ヶ月以上すぎれば縛り自体が完全になくなってしまい、手数料フリーでいつでも解約可能ですから、また一歩進化したという感じですね。

UQモバイルのインターネット速度

UQモバイルは、数あるMVNOの中でも、実効速度が速く安定していることで評判が良いです。このことは格安SIMアワード2015の結果でもわかるとおり、通信速度部門でUQモバイルが第1位に選ばれました。どのMVNOにするのかを、通信速度を基準に考えるのであれば、UQモバイル以外はおすすめしません。MVNO・格安スマホを展開する各社のサービス合戦は、これから益々熱を帯びて行くことでしょう。

UQモバイルの帯域制限

UQモバイルの場合、契約者が同じ条件で利用できるよう、通信データを使いすぎるユーザーには、通信速度の制限を設けております。直前の72時間の通信データについて容量を通算した結果、予め決まっている量を越した方に対しては、200Kbpsまで通信速度を落としてしまうことによって、全体の通信環境を適切に維持しています。直近で72時間、通信量が定められた値に達していなければ、その時点で解除されます。こちらからの手続きは特に不要です。通常の使用量であればまず引っかかることはない制限にはなります。UQモバイルでは、各料金プランごとの規定値は規定されていないようで、全プラン共通で3日で1GBが規定値に設定されています。

【UQモバイル 今月のキャンペーン】

U-mobileの評判と料金プランの詳細解説

Umobileの気になるポイント

Umobileは、格安スマホや格安SIMを提供するMVNOの一つで、豊富な動画コンテンツの配信サービスを行っている「U-NEXT」が提供している格安スマホサービスです。同社は2015年から東証一部上場企業となっているため、一部上場ということで、信頼ができ、ベンチャー企業ですが、一挙に人気MVNOの仲間入りを果たしています。また、Umobileの提供しているMVNOは、一般的なMVNOの中においては珍しくLTEの高速通信の利用に制限が無いプランが用意されています。高速通信を無制限で使い方は、Umobileが最有力候補になると思います。それでは、Umobileのサービス詳細を詳しくまとめましたので、楽しく、読んで頂ければと思います。

docomoのネットッワークを利用した格安スマホサービス

Umobileはリーズナブルなスマホサービスを提供していますが、そこではdocomoの回線を用いています。docomoの回線はゆうまでもなくの安定性が高いので、それを利用しているUmobileも通話品質は高く、対応エリアが広く、圏外も少ないので、安心して使えます。docomoのスマホであれば、新たに機種を購入することなくUmobileでも使えます。UmobileではSIMフリースマホをセットで購入する事も出来ます。ドコモの端末をそのまま使用して、SIMカードのみを契約するプランもありますので、スマホ本体代が高い…とお嘆きの方にもこれは朗報です。新しいスマホを買う必要はなし!月々の支払に追われず、節約になります。これは嬉しいですね。docomo回線を利用するので安心ですし、格安でスマホを利用できるサービスなのです。

LTEの高速回線が使い放題

LTE無制限プランは、Umobileが独自に提供しているプランで、30社近いMVNO事業者のほとんどがLTE使い放題に対応していないため、Umobileがユーザーを獲得する原動力の一つとなっています。インターネットを頻繁に利用する場合、LTEの高速回線が無制限で使えるという事は、容量制限なしでLTE回線を利用できるプランは、試してみる価値のある料金プランではないでしょうか。それとLTEは使い放題になります。それでも月額が3,000円以下と格安に設定されているのです。携帯電話大手のプランと比較しても、この月額料金の安さは際立っています。特に毎月大量に使用するヘビーユーザにとっては頼もしい料金設定です。毎月のデータ量の上限を気にしながらスマホを使用している方にはお勧めの格安スマホです。ここでは紹介しきれなかったLTE使い放題プランの詳細については、Umobile公式サイトにてご確認ください。

ネットで即日MNPができる!

Umobileでは即日MNPにも対応しています。Umobileでは自宅で即日開通可能なMNP届け出方式を採用しており、インターネットを利用して開通手続きを行うことで、不便をおかけすることなくMNPが利用可能となっています。また即日でMNPを利用するとなると、従来までは訪問が必要でした。お店まで直接足を運ぶ必要があったのですが、Umobileではインターネットに接続できる環境があれば、いつでもどこでも即日MNPが可能になっています。MNP時の回線が不通となる期間がネックで、他社への乗り換えに二の足を踏んでいた人には、嬉しいサービスです。即日MNPは、SIMカードが届いたら手続きでき、その方法はUmobileの会員ページから、回線切替ボタンを押すだけととっても簡単です。難しい事はなにもなく、簡単に切り替える事ができるので、格安スマートフォンが一段と身近になりますね。 

Umobileの口コミについて

Umobileで実感できるメリットといえば 、LTEの使い放題プランです。高速通信を無制限で利用できるという、このdocomoのサービスは、他社には中々ないプランです。他社からの乗り換えに、このプランを活用すれば、毎月のスマホ代を大幅に節約しながらストレスのない通信を楽しめることでしょう。

音声通話SIMなら、U-NEXTポイントが毎月!

利用者数も多い、大注目の動画配信サービスのU-NEXT内で使用可能な、U-NEXTポイントが月々得られるのも非常に魅力的な点です。もらえるのは「LTE使い放題2プラン」に限り月に400ポイントとなっていますが、他のプランでは月に600ポイントです。U-NEXTは、1作品約300円で視聴できるので、月2本くらいは無料で視聴できるということになります。U-NEXTで配信される作品は、映画はもちろんのこと国内外のドラマやアニメなど、様々なジャンルを幅広く取り揃えています。月額料金3000円以下の契約に対し、月々400?600ポイントが加算されるというのは、かなり高還元ポイントのサービスと言えます。

Umobile月額と解約に関して

以下は、Umobileの料金プランやその他の費用に関してです。現在使っているスマホの月々の料金と比べると、どの程度通信コストを削減できるか、計算してみてください。さて、料金プランを見ていきましょう。

Umobileの料金プランと初期費用

Umobileの料金プランに関しては、SIMにはデータ通信SIMと音声通話SIMの2種類があります。音声通話ができるSIMとは、070・080・090から始まる電話番号が利用できるものですので、今お使いの携帯電話と同じように使用したい時は、データ通信専用SIMではダメで音声通話機能付きSIMを選ぶ必要があるんです。音声通話SIMの料金は、3GBプランで、1,580円、5GBプランで1,980円、LTE使い放題プランで2,980円、LTE使い放題プラン2で2,730円となっています。

データ通信専用SIMの料金は、1GBプランで790円、5GBプランで1,480円、LTE使い放題プランで2,480円です。

音声通話SIMのLTE使い放題2プランは契約から12ヶ月以内に解約すると、違約金の支払いが必要となりますが、毎月の料金が、従来のLTE使い放題プランと比較して、なんと250円も安く済むプランとなっております。

Umobileの最低利用期間について

Umobileの解約制限と解約手数料、これは契約前に頭に入れておいてください。データSIMについては縛り期間がないため、契約期間を気にする必要はありません。いつ解約する場合でも、解約手数料や違約金が発生しないのは安心ですね。音声通話SIMに関しては、6ヶ月の契約縛りがついています。もしも最低利用期間の6か月以内に解約してしまうと、違約金の6,000円を支払わなければなりません。キャリアと異なる事柄として、縛り期間が自動更新されないという点があり、最初の7ヶ月さえ解約しなければ、その後はいつでも解約できるのはありがたいですね。

LTE使い放題2プランの解約縛り

Umobileの契約プランの中で「LTE使い放題2」だけは、解約の際に、他の契約とは異なる制限が設定されています。6ヶ月以内で解約するとなると、9,500円の解約違約金が掛かります。7ヶ月目~12ヶ月目に解約する場合には、3,500円の解約違約金が掛かります。プラン変更の場合にも11ヶ月以内のの場合には3,500円の変更手数料が必要になります。他の契約プラントとは異なる解約および変更に関する手数料設定をご理解ください。しかし、違約金などが発生しますが月額料金がその他のプランよりも安く抑える事ができるので、長く使っても良い、1年以上は利用するという方には、LTE使い放題2はお得なプランなのです。

Umobileの速度について

格安SIMサービス会社の中でも、Umobileは、225Mbpsのdocomo 4GLTE回線を使った格安スマホサービス。ですので、対応エリアの広さや回線速度についての安心感は高いものがあります。

Umobileの72時間制限に関して

どこのMVNOを利用しても一緒ですが、利用者全てが平等に使えるように、データ通信量が多すぎる利用者には、速度制限を適応しています。これは、ここ3日間のデータ使用量で計算され、規定のデータ通信量を超えた利用者に対し、速度制限がかけられます。直前の3日間に通信したデータの量が基準値よりも低くなり次第、制限措置は自動で終了します。よほど集中して熱心に使わないかぎり、この制限をうけることはほとんどないかと思います。直近3日間の規定通信量は発表されておりません。

【人気のキャンペーン情報】

mineoの評判と料金プランの詳細解説

mineoの特色まとめ

キャリアをdocomoかauのどちらを使用するか選べるのがmineoの特徴です。ドコモ・AU・Softbankなどからの乗り換えであれば、月々のスマホ代がかなり安くなることも期待出来る格安スマホです。月々1310円で利用可能な格安SIM格安スマホサービスがあるのは、mineoです。国内で初となるmineoのマルチキャリアMVNOは、ドコモプランとauプランを選ぶことができるMVNOです。電波や通話の品質もdocomo、auとそれほど変わらないのであまり気になりません。早速で恐縮ですが、mineoの評判から速度まで、まとめてみました。どうぞ楽しんで♪

docomoとAU回線の格安SIM・格安スマホ

国内初のマルチキャリアMVNOとなったmineoはdocomoとauの回線のプランが用意されています。通話の質もドコモやauと同じレベルですし、対応エリアも大手キャリアと同様です。契約しているスマホがdocomoやauであるなら引き続き利用できるので、新しくスマホ本体を購入する必要がありません。乗り換える時に高額な端末代を節約出来る事は大きなメリットですよね!セット販売されているSIMフリーのスマホを購入して使うこともできるのです。信頼度の高いキャリア回線を低料金で使用できますし、docomoかAUか、自分でお好きな方の回線を選んで契約することができます。ドコモとauでは毎月の使用料が若干異なりますので、そのあたりも比べて検討してみてください。

高品質通話VoLTEに対応

VoLTE対応プランを導入したことでmineoが話題になっています。VoLTEとは今まで以上に相手の通話が聞こえやすく改善されている、最新の音声通話の名称のことです。以前は300Hz~3.4kHzまでの周波数の音しか拾う事ができませんでした。VoLTEは50Hz~7kHzレベルの音声も拾うことが可能となりました。従来のものより圧倒的に、高音質で通話が可能になったのです。これはmineoの大きなメリットの一つになっています。

データ量繰越しに対応

また、mineoでは、余ったデータ容量分は翌月に繰り越すことが可能なので、月ごとに使用するデータ量に差があるという方でも、気兼ねせずに利用できるので、ユーザーにとっては大変利用価値が高いと思います。

mineoアプリで通信量を抑える!

mineoのmineoスイッチとは、通信速度を高速・低速と、任意に切替が出来ます。データ量のムダな消費を節約出来る便利な機能です。Wi-Fiとmineoスイッチを組み合わせると、さらに安いプランでおさめることができます。スマホの月額料金を安くするために役立つでしょう。

mineo月額費用と解約

mineoの料金体系や通信速度について説明します。いまのスマホ代と比較しながら、どこまで安くなるのか、どっちが安いのかを、参考にしてみてください。どれぐらい節約できるのか、mineoの料金プランを見てみましょう。

mineoの料金プラン・初期費用

mineoの料金は、データ通信専用SIMと音声通話SIMの二種類があります。音声通話SIMでは070/080/090番号を使って通話可能ですので、従来のキャリア端末と同様にご使用されたい場合は、音声通話SIMを契約しなければ電話として利用できなくなるので、注意して契約する必要があります。音声SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MBで1,310円、1GBで1,410円、3GBで1,510円、5GBで2,190円、10GBで3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで1,400円、1GBで1,500円、3GBで1,600円、5GBで2,280円、10GBで3,220円です。

データ専用SIMの月額費用は、Aプラン(AU回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっています。

mineoの解約手数料について

最低利用期間と解約違約金に関して、ご紹介していきます。mineoは今時珍しい最低利用期間の縛りが契約にないMVNOなので、mineoを解約するときに、手数料などを取られることがありません。格安SIMを試しに使ってみたいという方には、非常に魅力的なMVNOの一つです。ただ注意が必要なのが1年以内のMNP転出の場合で、この場合MNP転出手数料が12,420円必要になります。音声通話機能付きSIMを契約される場合は、この点にお気をつけください。

通信速度に関して

mineoの通信の速度はどうなっているのか、調査しました。docomoの回線を利用したプランは、225Mbpsの高速回線で、AU回線においても、LTE回線(225Mbps)なのです。mineoの速度についてはレビュー記事を読む限り、回線が混雑するお昼や夜の時間帯は、auやドコモといったキャリア契約回線が圧倒的に通信速度は速いです。通信を行う時に常に高速でなければ駄目というのであれば、キャリア契約が適しているといえます。料金が納得できる安さですから、格安スマホというのはとてもリーズナブルな設定になっているので安く抑えたい人にはぴったりです。

mineo Aプランでの3日間制限

mineoでは、私どもと契約していただいた方が気持ちよく同じ通信環境でやりとりできるように、データ通信量が多すぎる利用者には、速度制限を適応しています。これは、ここ3日間のデータ使用量で計算され、上限として設定された容量を超えた利用者に対して 、通信速度の制限をしています。もし、直近の利用日の3日間で規定量を超えなければ、自動的に対象外となるのです。通常の利用の範囲内であれば、なかなか対象にはならない制限でしょう。mineoの場合、各料金プランごとの規定値は決められておらず、Aプランは、全プラン共通で直近3日間で1GBが規定値となっています。

mineo docomo回線プランにおける速度制限0

mineoのDプランに関しては、直近の3日間にデータ通信量をもとにした速度制限は発生しません。日によって、データ量の使用量にムラがあるといった人は、A(AU)回線プランではなく、D(docomo)回線プランを選ぶほうが、3日間で使用するデータ通信量と速度制限について心配することがないでしょう。このような特徴も踏まえて、どのプランで契約するか比較を行うとよいでしょう。

【開催中のキャンペーン】

IIJmioの評判と料金プランの詳細解説

IIJmio格安スマホのチェックすべき項目

音声通話機能付きSIM「みおふぉん」についてご紹介します。「みおふぉん」は(株)インターネットイニシアティブジャパンが提供するサービスです。株式会社インターネットイニシアティブは、格安SIMサービスが開始された時から営業を開始しているため、格安SIMのサービスが開始された時期から格安SIMを検討・使用していたユーザーであれば、bmobileやIIJmioという名のサービスを知っている人も多いでしょう。2015年に実施された格安SIMアワードの顧客満足度調査の総合部門で最優秀賞を受賞しているMVNOで実力は折り紙付きです。最優秀賞という栄誉ある賞を受賞できた理由として、サービス開始から地道に積み上げてきたブランドイメージと顧客を大切にしているサポート体制が評価されています。それでは、IIJmioの魅力をぐっと凝縮しました。IIJmioのすべてがご理解頂けるかと思います。

docomo回線網の格安スマホ

IIJmioはdocomoの回線を使用しています。そのため、IIJmioはドコモと同じ高い通話品質で利用でき、また同様に、提供されているサービスの範囲もdocomoと同一となるため、「もしかしたらつながりにくいのではないか」などといった心配もないのです。端末はdocomoのスマホならばたいていの機種がそのままIIJmioの端末としてご利用できます。docomoのスマートフォンをお持ちでなくても、IIJmioが販売しているSIMフリースマホをセットで購入していただければ利用することができます。既に「docomoのスマホ使ってるよ!」という方は、SIMカードのみの契約が可能!お手持ちのスマホをお使いになることができますので、機種変更の費用を抑える事ができるので、気軽にサービスを利用できるメリットがあります。docomoの信頼感とお得なサービス、それが株式会社インターネットイニシアティブが提供するIIJmioです。

バースト機能があるので、さらに快適な低速通信

IIJmioには、バースト機能という特殊な機能が備わっています。バースト機能とは一体なんなのでしょうか、ご説明します。バースト機能は、低速通信中でも初めの1?3秒間は高速通信を行うことで、Webサイトの閲覧時にページの表示にかかる時間を短縮させる機能です。この機能のおかげで低速通信であっても非常にはやく画面が表示されるので、WEBサイトがなかなか表示されないといったイライラ感を軽減させ、非常に快適なネット環境を実現できるという、魅力的な機能として注目されています。しかしながら、今のところ、この機能が搭載されているのはIIJmioとIIJmioのみのようです。

容量の翌月繰り越しに対応

選ぶプランにより毎月使える通信量は異なりますが、使ったデータの量が少なく、月によってはかなり残ってしまうこともあるかと思います。この点、IIJmioなら、余った分を翌月に繰り越すことが出来ます。データ容量の繰越サービスは、すべてのMVNOで採用しているものではないので、繰り越しOKという点は、IIJmioの利点の一つです。データ繰越サービスのおかげで、お得な上に「もったいない感」も解消されますので使っていて気分がいいですよ。

二世帯家族も嬉しい、最大10枚!

IIJmioのファミリーシエアプラン、簡単にいうと、家族でパケットを分け合えるプランなら、SIMカードは、10枚を限度に追加することができます。10人までの家族がIIJmioへ乗り換えることで、価格差はキャリアを利用している時よりも、大幅に削減する事ができます。家族全員分の携帯料金を合算して考えると、今までの携帯料金よりもお安くなるので、節約できると思います。格安スマホに注目が集まっている今だからこそ、家族の携帯料金を全体で見直してみるのも賢い選択だといえます。サポート体制が充実しているllJmioですので、初心者の方にも安心です。更に、子供用に、有害なサイトやアプリから守る「みまもりパック」オプションもあるので、キッズスマホとしても安心して利用することができます。

通信速度

たくさんの数が存在するMVNOの中でも、みおふぉんは、docomoの225MbpsのLTE回線を使用したサービスです。対応エリアの広さや回線の信頼性には安心のサービスです。加えて、実効速度の高さが評価されていて、レビューによる評価や、利用者のコメントを見る限り、非常に良い評価を受けているという印象です。通信の速さと価格の安さのどちらも捨てがたいという方には、IIJmioは最適だといえます。

IIJmioにおける3日制限について

IIJmioでは、ただし、低速通信を行っている場合に限って、直近72時間の通信量に速度制限が掛かるケースがありので注意が必要です。高速通信を利用しているときは速度規制の対象外となっていますので問題ありません。通信回線が一度に送れるデータ量にはどうしても制限があるものですから、利用者が公平に使うための知恵が求められるわけで、過度なデータ通信を使用したユーザーに対しては、速度制限をしています。これは、直近3日間(直近72時間)で使用したデータ通信が、規定の通信量を超えた利用者には、通信速度が規制されます。ここ3日の通信量が、決められ量に届かなかったら自動的に制限解除となります。普通に使っている容量であれば、そんなに制限がかからないと思います。

IIJmio月額費用と解約について

月々の料金や通信速度など、IIJmioの概要について説明します。今現在ご使用されている会社の料金と見比べて、通信代がどれくらい安くなるのか、考えてみてください。それでは、料金プランを見ていきましょう。

みおふぉんの月額プラン

IIJmioの月額費用は、音声通話付きSIMとデータ通信専用SIMの二つの選択肢があります。070・080・090の電話番号が使いたい場合は音声通話付きSIMが必要で、これまで通りの携帯電話と同じように使いたい場合は、データ送信のみのSIMではなく、データ送信も通話も出来るSIMを選択してください。通話SIMの月額プランは、ミニマムスタートプラン(3GB):1,600円、ライトスタートプラン(5GB):2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB):3,260円となっています。

データ通信専用SIMの月額費用は、ミニマムスタートプラン(3GB):900円、ライトスタートプラン(5GB):1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB):2,560円となっています。

IIJmioの解約手数料について

IIJmioの解約制限と解約違約金、これは頭に入れておいてくださいね。IIJmioのデータSIMに関しては、最低利用期間の設定はありません。いつ解約する場合でも、解約手数料や違約金が発生しないのは安心ですね。一方、みおふぉんについては、12ヶ月という、最低限利用すべき期間が定められています。12か月以内に契約を解除された際は、契約を違反してしまいますと9,000円の費用が発生しますのでご注意お願いします。キャリア会社のように利用期間毎に自動更新されないので、13ヶ月経過すれば、無料解約月まで待つ必要がないのは便利です。

IIJmioの評判について

IIJmioの特徴は、顧客への手厚いサポートと老舗MVNOとして信頼性がある事です。2015年度格安SIMアワードで、総合満足度第1位という栄冠からも、お客様にいかに満足していただいているかがうかがえます。電話でのサポートも万全であり、初めて利用する方でも、心置きなく使っていただけるアイテムだと言えるでしょう。

通信速度が安定感とサポート体制がうれしい!

IIJmioの口コミや評判を見ていると、実行速度の速さと、安心の顧客サポートがあげられるようです。顧客満足度調査でわかるように総合部門において、最優秀賞を受賞している実力の持ち主です。この様な実績を獲得している企業ですから、格安スマホを選択する上でIIJmioは外せない選択肢だといえます。そして、数多くのMVNOでも、このようなブランド力や信頼性を持っているMVNOはなかなかないと言えます。口コミなどでも高評価を得ているMVNOですので、この先、格安スマホの購入を検討されている方には、強くお勧めする事ができるMVNOだと言えます。

【キャンペーンは開催中?】

DMMモバイルの評判と料金プランの詳細解説

DMMモバイルの評判について

DMMモバイルを利用するとこんなにいいことが、他社に比べて月額料金が安いことと、通信が高速で行えることにあります。携帯料金の安さ、そして通信速度の速さ、この両方を求める方にとっては、DMMモバイルがついに実現してくれたのです。レビューサイトの口コミで高得点を獲得しているのは、通信速度の速さと月額費用の安さ、この二点が多いようです。

実効速度が速いのが魅力的!

DMMモバイルってご存知ですか?非常に高速な通信にもかかわらず、かなりの安定性を備えているという書き込みです。そのうえ、月額料金も安くすみます。DMMモバイルを契約される方が増えているようです。さらに、DMMポイントのポイント還元もつくので、費用も安いしスピードも速いって、いいとこ取りの格安スマホなので、注目度№1の格安スマホとでしょう。総合的に考えても魅力的な格安スマホなので、選択肢の一つに加えてはいかがでしょうか。

DMMmobileの速度

DMMmobileは、MVNOの中でも人気の一つで、ドコモの225mbpsのLTE回線を利用していることです。回線速度や対応エリアがそのサービスの魅力の一つとなっています。実効速度が速い帯域で安定してる。との噂は、レビューの評価やコメントを見ても、人気に見合った高めの評価が多い様子がうかがえます。安心して使える通信速度が速くて格安のスマホをお探しなら、DMMモバイルがピッタリです。

DMMモバイルでの帯域制限

DMMモバイルの場合、ただ、低速通信を使っているときは、直近の3日間はデータの使用量によって速度制限が設けられることがあります。なお、直近3日間に低速通信ををりようせず、高速通信を利用している場合には、この限りではありません。契約者が同じ条件で利用できるよう、多くのデータを通信利用した者に、速度制限の処置を取っています。これは、ここ3日間のデータ通信の容量に応じで、ある規定の容量をオーバーしてしまった利用者には、通信速度を低めに制限する措置の対象になります。この速度制限は、その後の直近3日間の通信量が決められた量を下回れば自動的に解除される仕組みになっています。変な使い方をしなければそうそう引っかかることはありません。

DMMモバイル格安スマホのチェックポイント

DMMモバイルは、MVNOの人気事業者の1つで、「DMM.com」という動画配信サイトを運営している会社の格安スマホサービスです。この通信サービスの最大の特徴は、どのプランにおいても業界最安値を提案している点です。何よりもMVNOに料金の安さを求める方は、DMMモバイルこそおススメしたいと思います。格安SIMサービスで心配な、通信速度の安定感もよく、インターネットを快適に閲覧することができます。それでは、DMMモバイルの魅力をぐっと凝縮しました。楽しく、読んで頂ければと思います。

docomo回線の激安なスマホ

DMMモバイルはdocomoの回線を利用して、高速データ通信サービスをユーザーに提供しています。スマホを利用する以上は、通話の品質などは重要ですが、もちろんそれはドコモと殆ど変わりませんし、様々な場所でも安定した通信が行える、信頼性の高いサービスです。今まで使っていたスマートフォンがdocomoのものである限りは、大概の場合、同じものをDMMmobileでも継続して利用できます。これを機会にスマホ本体も更新したいという方のために、DMMmobileはお得なセット販売も行っています。以前docomoでスマートフォンを購入した事があるのであれば、SIMカードの契約を済ませれば使う事ができるということは、あらたにスマホ本体を購入する必要がなく、初期費用を安く抑えることができます。DMMモバイルを一言でまとめると、docomo回線を安い価格で使える格安スマホ・格安SIMということになります。

iPhoneが24回払いの分割OK

DMMモバイルにはiphone機種が分割払いで購入できるという大変魅力的な要素があります。海外製の廉価端末を揃えている会社は数多くありますが、iPhoneなどの人気機種は扱っていない事が多いです。最新のiPhone6をセット販売するDMMモバイルは、iphoneを分割で購入することを希望するのであれば、DMMモバイルが適した選択肢ということになります。iPhoneを格安SIMで使い、機種代も分割払いしたいという方は、DMMモバイルの情報を確認することをおすすめします。しかし、DMMモバイルでのiPhoneは、品切れとなっている場合が多いので、在庫があるなら、早めにポチる事をお勧めします。

あまったデータ容量のくりこし

どのプランを選ぶかによってデータ通信量は異なりますが、使ったデータの量が少なく、月によってはかなり残ってしまうこともあるかと思います。DMMモバイルを利用していれば、そんな状況でも、残ったデータ量を次の月に移動して使うことができます。使いきれずに余った通信量を翌月に使えるサービスを行っていないMVNOもあるので、余らせた通信量を次の月に繰り越して使うことができるDMMモバイルは魅力的です。データ通信量を繰り越すサービスで、格安スマホをさらにお得に利用できそうですね。

当日中のMNPに対応

DMMモバイルへMNPする時に嬉しいのは、即日MNPに対応していることです。DMMモバイルで採用しているのはMNP届け出方式で、店舗へ出向かずオンラインでの手続きを済ますだけで、携帯が使えない期間が生まれてしまうということがなく、すぐにMNPが可能なのです。以前の即日MNP切り替えでは、実際に店舗に行って手続きをするのがパターンでしたが、今では、自宅の外にいても在宅したままでもMNP切り替えは即日でできるのです。これまで申し込み完了からSIMカード到着までの間、携帯端末が使用できなくなることが嫌で、他社からの乗り換えを諦めていた方も、これなら大丈夫なのではないでしょうか?即日MNPはとても簡単な手続きで行うことができSIMカード到着後、DMMモバイルの会員ページで回線切替ボタンを押すだけで終わりです。これによりMVNO転入時のMNP空白期間が解消され、格安スマホをより一層普及させることになりそうです。

契約中はずっと10%還元!DMMポイントを毎月還元

DMMモバイルでは今契約すると利用期間中ずっと、利用金額の10%が毎月DMMポイントとして還元される、見逃したらもったいないキャンペーンが開催されています。月額基本料プラス、通話料やその他のオプション料なども対象ですので、DMM.comで動画視聴する方にとっては、お得なキャンペーンです。ただでさえ安さが魅力のDMMモバイルですが、それだけではなく10%のポイント還元があるので、価格と性能との兼ね合いからみても、抜きん出た存在であると言えます。月々のスマホ代を圧縮したい、と考えているあなたにピッタリのDMMモバイルです。

話題のバースト機能│さらに快適な低速通信

DMMモバイルの機能の一つとして「バースト機能」という仕組みがあります。バースト機能という言葉を初めて聞く方も多いと思いますので、ご説明していきます。バースト機能は、低速通信の際の最初の1~3秒ほどに限って高速通信を行って、表示スピードを向上させ、Webページ等をスムーズに閲覧することができる機能となっています。この機能を使うことにより、低速で通信をしても速度が速くなるため、表示速度の遅さからくるイライラが解消され、快適にインターネットを利用出来る為、DMMモバイルイチオシの機能ですね。しかし、バースト機能が使えるのは、DMMモバイルとllJmioだけです。

DMMモバイル料金と初期費用

DMMモバイルの利用料のプラン、通信速度はどのようなものかご紹介します。現在ご利用中のスマホの料金と比べながら、どれだけ料金が安くできるか、計算しながらご確認ください。 料金プランの詳細をチェックしていきましょう。

DMMモバイルの月額プラン・初期費用

DMMモバイルのプランは、データ通信専用の格安SIMと音声通話付きSIMは2つで料金が異なります。通話SIMには070/080/090番号が使えるというメリットがあるので、SIMをこれまでの携帯電話と同様に通話用として使いたいときには、データ専用SIMを選択しないようにご注意ください。音声通話SIMの料金は、ライトプラン:1,140円、1GBプラン:1,260円、2GBプラン:1,470円、3GBプラン:1,500円、5GBプラン:1,970円、7GBプラン:2,560円、8GBプラン:2,840円、10GBプラン:2,950円、15GBプラン:5,270円、20GBプラン:6,790円となっています。

データSIMの料金は、ライトプランで440円、1GBプランで590円、2GBプランで770円、3GBプランで850円、5GBプランで1,210円、7GBプランで1,860円、8GBプランで2,140円、10GBプランで2,190円、15GBプランで4,570円、20GBプランで6,090円です。

DMMmobileの違約金

DMMモバイルの解約手数料、これは契約前に頭に入れておいてください。データSIMについては縛り期間がないため、契約期間を気にする必要はありません。契約を解除したいと思ったら、余計な手数料を支払うことなく行えるのは嬉しいことですね。音声通話用SIMをお使いの場合は、さすがにそういうわけにもいかず、少なくとも12ヶ月間は契約を続けることが前提になっています。12ヶ月利用せずに解約手続きした場合は、違約金として9,000円が掛かる事になりますので、利用期間も十分考慮する必要がありそうです。大手キャリアですと、自ら申し出ないと縛り期間が自動で更新されてしまいますが、13か月以降に解約した場合は、違約金が掛からないというメリットがあります。

【現在開催中のキャンペーン】