DMMモバイルの評判と料金プランの詳細解説

DMMモバイルの評判について

DMMモバイルを利用するとこんなにいいことが、他社に比べて月額料金が安いことと、通信が高速で行えることにあります。携帯料金の安さ、そして通信速度の速さ、この両方を求める方にとっては、DMMモバイルがついに実現してくれたのです。レビューサイトの口コミで高得点を獲得しているのは、通信速度の速さと月額費用の安さ、この二点が多いようです。

実効速度が速いのが魅力的!

DMMモバイルってご存知ですか?非常に高速な通信にもかかわらず、かなりの安定性を備えているという書き込みです。そのうえ、月額料金も安くすみます。DMMモバイルを契約される方が増えているようです。さらに、DMMポイントのポイント還元もつくので、費用も安いしスピードも速いって、いいとこ取りの格安スマホなので、注目度№1の格安スマホとでしょう。総合的に考えても魅力的な格安スマホなので、選択肢の一つに加えてはいかがでしょうか。

DMMmobileの速度

DMMmobileは、MVNOの中でも人気の一つで、ドコモの225mbpsのLTE回線を利用していることです。回線速度や対応エリアがそのサービスの魅力の一つとなっています。実効速度が速い帯域で安定してる。との噂は、レビューの評価やコメントを見ても、人気に見合った高めの評価が多い様子がうかがえます。安心して使える通信速度が速くて格安のスマホをお探しなら、DMMモバイルがピッタリです。

DMMモバイルでの帯域制限

DMMモバイルの場合、ただ、低速通信を使っているときは、直近の3日間はデータの使用量によって速度制限が設けられることがあります。なお、直近3日間に低速通信ををりようせず、高速通信を利用している場合には、この限りではありません。契約者が同じ条件で利用できるよう、多くのデータを通信利用した者に、速度制限の処置を取っています。これは、ここ3日間のデータ通信の容量に応じで、ある規定の容量をオーバーしてしまった利用者には、通信速度を低めに制限する措置の対象になります。この速度制限は、その後の直近3日間の通信量が決められた量を下回れば自動的に解除される仕組みになっています。変な使い方をしなければそうそう引っかかることはありません。

DMMモバイル格安スマホのチェックポイント

DMMモバイルは、MVNOの人気事業者の1つで、「DMM.com」という動画配信サイトを運営している会社の格安スマホサービスです。この通信サービスの最大の特徴は、どのプランにおいても業界最安値を提案している点です。何よりもMVNOに料金の安さを求める方は、DMMモバイルこそおススメしたいと思います。格安SIMサービスで心配な、通信速度の安定感もよく、インターネットを快適に閲覧することができます。それでは、DMMモバイルの魅力をぐっと凝縮しました。楽しく、読んで頂ければと思います。

docomo回線の激安なスマホ

DMMモバイルはdocomoの回線を利用して、高速データ通信サービスをユーザーに提供しています。スマホを利用する以上は、通話の品質などは重要ですが、もちろんそれはドコモと殆ど変わりませんし、様々な場所でも安定した通信が行える、信頼性の高いサービスです。今まで使っていたスマートフォンがdocomoのものである限りは、大概の場合、同じものをDMMmobileでも継続して利用できます。これを機会にスマホ本体も更新したいという方のために、DMMmobileはお得なセット販売も行っています。以前docomoでスマートフォンを購入した事があるのであれば、SIMカードの契約を済ませれば使う事ができるということは、あらたにスマホ本体を購入する必要がなく、初期費用を安く抑えることができます。DMMモバイルを一言でまとめると、docomo回線を安い価格で使える格安スマホ・格安SIMということになります。

iPhoneが24回払いの分割OK

DMMモバイルにはiphone機種が分割払いで購入できるという大変魅力的な要素があります。海外製の廉価端末を揃えている会社は数多くありますが、iPhoneなどの人気機種は扱っていない事が多いです。最新のiPhone6をセット販売するDMMモバイルは、iphoneを分割で購入することを希望するのであれば、DMMモバイルが適した選択肢ということになります。iPhoneを格安SIMで使い、機種代も分割払いしたいという方は、DMMモバイルの情報を確認することをおすすめします。しかし、DMMモバイルでのiPhoneは、品切れとなっている場合が多いので、在庫があるなら、早めにポチる事をお勧めします。

あまったデータ容量のくりこし

どのプランを選ぶかによってデータ通信量は異なりますが、使ったデータの量が少なく、月によってはかなり残ってしまうこともあるかと思います。DMMモバイルを利用していれば、そんな状況でも、残ったデータ量を次の月に移動して使うことができます。使いきれずに余った通信量を翌月に使えるサービスを行っていないMVNOもあるので、余らせた通信量を次の月に繰り越して使うことができるDMMモバイルは魅力的です。データ通信量を繰り越すサービスで、格安スマホをさらにお得に利用できそうですね。

当日中のMNPに対応

DMMモバイルへMNPする時に嬉しいのは、即日MNPに対応していることです。DMMモバイルで採用しているのはMNP届け出方式で、店舗へ出向かずオンラインでの手続きを済ますだけで、携帯が使えない期間が生まれてしまうということがなく、すぐにMNPが可能なのです。以前の即日MNP切り替えでは、実際に店舗に行って手続きをするのがパターンでしたが、今では、自宅の外にいても在宅したままでもMNP切り替えは即日でできるのです。これまで申し込み完了からSIMカード到着までの間、携帯端末が使用できなくなることが嫌で、他社からの乗り換えを諦めていた方も、これなら大丈夫なのではないでしょうか?即日MNPはとても簡単な手続きで行うことができSIMカード到着後、DMMモバイルの会員ページで回線切替ボタンを押すだけで終わりです。これによりMVNO転入時のMNP空白期間が解消され、格安スマホをより一層普及させることになりそうです。

契約中はずっと10%還元!DMMポイントを毎月還元

DMMモバイルでは今契約すると利用期間中ずっと、利用金額の10%が毎月DMMポイントとして還元される、見逃したらもったいないキャンペーンが開催されています。月額基本料プラス、通話料やその他のオプション料なども対象ですので、DMM.comで動画視聴する方にとっては、お得なキャンペーンです。ただでさえ安さが魅力のDMMモバイルですが、それだけではなく10%のポイント還元があるので、価格と性能との兼ね合いからみても、抜きん出た存在であると言えます。月々のスマホ代を圧縮したい、と考えているあなたにピッタリのDMMモバイルです。

話題のバースト機能│さらに快適な低速通信

DMMモバイルの機能の一つとして「バースト機能」という仕組みがあります。バースト機能という言葉を初めて聞く方も多いと思いますので、ご説明していきます。バースト機能は、低速通信の際の最初の1~3秒ほどに限って高速通信を行って、表示スピードを向上させ、Webページ等をスムーズに閲覧することができる機能となっています。この機能を使うことにより、低速で通信をしても速度が速くなるため、表示速度の遅さからくるイライラが解消され、快適にインターネットを利用出来る為、DMMモバイルイチオシの機能ですね。しかし、バースト機能が使えるのは、DMMモバイルとllJmioだけです。

DMMモバイル料金と初期費用

DMMモバイルの利用料のプラン、通信速度はどのようなものかご紹介します。現在ご利用中のスマホの料金と比べながら、どれだけ料金が安くできるか、計算しながらご確認ください。 料金プランの詳細をチェックしていきましょう。

DMMモバイルの月額プラン・初期費用

DMMモバイルのプランは、データ通信専用の格安SIMと音声通話付きSIMは2つで料金が異なります。通話SIMには070/080/090番号が使えるというメリットがあるので、SIMをこれまでの携帯電話と同様に通話用として使いたいときには、データ専用SIMを選択しないようにご注意ください。音声通話SIMの料金は、ライトプラン:1,140円、1GBプラン:1,260円、2GBプラン:1,470円、3GBプラン:1,500円、5GBプラン:1,970円、7GBプラン:2,560円、8GBプラン:2,840円、10GBプラン:2,950円、15GBプラン:5,270円、20GBプラン:6,790円となっています。

データSIMの料金は、ライトプランで440円、1GBプランで590円、2GBプランで770円、3GBプランで850円、5GBプランで1,210円、7GBプランで1,860円、8GBプランで2,140円、10GBプランで2,190円、15GBプランで4,570円、20GBプランで6,090円です。

DMMmobileの違約金

DMMモバイルの解約手数料、これは契約前に頭に入れておいてください。データSIMについては縛り期間がないため、契約期間を気にする必要はありません。契約を解除したいと思ったら、余計な手数料を支払うことなく行えるのは嬉しいことですね。音声通話用SIMをお使いの場合は、さすがにそういうわけにもいかず、少なくとも12ヶ月間は契約を続けることが前提になっています。12ヶ月利用せずに解約手続きした場合は、違約金として9,000円が掛かる事になりますので、利用期間も十分考慮する必要がありそうです。大手キャリアですと、自ら申し出ないと縛り期間が自動で更新されてしまいますが、13か月以降に解約した場合は、違約金が掛からないというメリットがあります。

【現在開催中のキャンペーン】

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)