mineoの評判と料金プランの詳細解説

mineoの特色まとめ

キャリアをdocomoかauのどちらを使用するか選べるのがmineoの特徴です。ドコモ・AU・Softbankなどからの乗り換えであれば、月々のスマホ代がかなり安くなることも期待出来る格安スマホです。月々1310円で利用可能な格安SIM格安スマホサービスがあるのは、mineoです。国内で初となるmineoのマルチキャリアMVNOは、ドコモプランとauプランを選ぶことができるMVNOです。電波や通話の品質もdocomo、auとそれほど変わらないのであまり気になりません。早速で恐縮ですが、mineoの評判から速度まで、まとめてみました。どうぞ楽しんで♪

docomoとAU回線の格安SIM・格安スマホ

国内初のマルチキャリアMVNOとなったmineoはdocomoとauの回線のプランが用意されています。通話の質もドコモやauと同じレベルですし、対応エリアも大手キャリアと同様です。契約しているスマホがdocomoやauであるなら引き続き利用できるので、新しくスマホ本体を購入する必要がありません。乗り換える時に高額な端末代を節約出来る事は大きなメリットですよね!セット販売されているSIMフリーのスマホを購入して使うこともできるのです。信頼度の高いキャリア回線を低料金で使用できますし、docomoかAUか、自分でお好きな方の回線を選んで契約することができます。ドコモとauでは毎月の使用料が若干異なりますので、そのあたりも比べて検討してみてください。

高品質通話VoLTEに対応

VoLTE対応プランを導入したことでmineoが話題になっています。VoLTEとは今まで以上に相手の通話が聞こえやすく改善されている、最新の音声通話の名称のことです。以前は300Hz~3.4kHzまでの周波数の音しか拾う事ができませんでした。VoLTEは50Hz~7kHzレベルの音声も拾うことが可能となりました。従来のものより圧倒的に、高音質で通話が可能になったのです。これはmineoの大きなメリットの一つになっています。

データ量繰越しに対応

また、mineoでは、余ったデータ容量分は翌月に繰り越すことが可能なので、月ごとに使用するデータ量に差があるという方でも、気兼ねせずに利用できるので、ユーザーにとっては大変利用価値が高いと思います。

mineoアプリで通信量を抑える!

mineoのmineoスイッチとは、通信速度を高速・低速と、任意に切替が出来ます。データ量のムダな消費を節約出来る便利な機能です。Wi-Fiとmineoスイッチを組み合わせると、さらに安いプランでおさめることができます。スマホの月額料金を安くするために役立つでしょう。

mineo月額費用と解約

mineoの料金体系や通信速度について説明します。いまのスマホ代と比較しながら、どこまで安くなるのか、どっちが安いのかを、参考にしてみてください。どれぐらい節約できるのか、mineoの料金プランを見てみましょう。

mineoの料金プラン・初期費用

mineoの料金は、データ通信専用SIMと音声通話SIMの二種類があります。音声通話SIMでは070/080/090番号を使って通話可能ですので、従来のキャリア端末と同様にご使用されたい場合は、音声通話SIMを契約しなければ電話として利用できなくなるので、注意して契約する必要があります。音声SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MBで1,310円、1GBで1,410円、3GBで1,510円、5GBで2,190円、10GBで3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで1,400円、1GBで1,500円、3GBで1,600円、5GBで2,280円、10GBで3,220円です。

データ専用SIMの月額費用は、Aプラン(AU回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっています。

mineoの解約手数料について

最低利用期間と解約違約金に関して、ご紹介していきます。mineoは今時珍しい最低利用期間の縛りが契約にないMVNOなので、mineoを解約するときに、手数料などを取られることがありません。格安SIMを試しに使ってみたいという方には、非常に魅力的なMVNOの一つです。ただ注意が必要なのが1年以内のMNP転出の場合で、この場合MNP転出手数料が12,420円必要になります。音声通話機能付きSIMを契約される場合は、この点にお気をつけください。

通信速度に関して

mineoの通信の速度はどうなっているのか、調査しました。docomoの回線を利用したプランは、225Mbpsの高速回線で、AU回線においても、LTE回線(225Mbps)なのです。mineoの速度についてはレビュー記事を読む限り、回線が混雑するお昼や夜の時間帯は、auやドコモといったキャリア契約回線が圧倒的に通信速度は速いです。通信を行う時に常に高速でなければ駄目というのであれば、キャリア契約が適しているといえます。料金が納得できる安さですから、格安スマホというのはとてもリーズナブルな設定になっているので安く抑えたい人にはぴったりです。

mineo Aプランでの3日間制限

mineoでは、私どもと契約していただいた方が気持ちよく同じ通信環境でやりとりできるように、データ通信量が多すぎる利用者には、速度制限を適応しています。これは、ここ3日間のデータ使用量で計算され、上限として設定された容量を超えた利用者に対して 、通信速度の制限をしています。もし、直近の利用日の3日間で規定量を超えなければ、自動的に対象外となるのです。通常の利用の範囲内であれば、なかなか対象にはならない制限でしょう。mineoの場合、各料金プランごとの規定値は決められておらず、Aプランは、全プラン共通で直近3日間で1GBが規定値となっています。

mineo docomo回線プランにおける速度制限0

mineoのDプランに関しては、直近の3日間にデータ通信量をもとにした速度制限は発生しません。日によって、データ量の使用量にムラがあるといった人は、A(AU)回線プランではなく、D(docomo)回線プランを選ぶほうが、3日間で使用するデータ通信量と速度制限について心配することがないでしょう。このような特徴も踏まえて、どのプランで契約するか比較を行うとよいでしょう。

【開催中のキャンペーン】

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)