楽天モバイルの評判と料金プランの詳細解説

速度

楽天モバイルの場合、docomoの高速回線(下り最大225Mbps、上り最大50Mbps)を利用した通信サービスです。スピードに関しては、ドコモと同じ回線なので、通信速度についての不安はなさそうですね。ドコモと同じ回線なのに、お値段が破格なのは、楽天モバイルならではの大きなメリットの一つといえるでしょう。将来的にMVNOや格安スマホはどんどん普及していきそうですね。

楽天モバイルの3日間制限

MVNOすべてで共通ですが、どのユーザーも同じように通信できる環境を確保するため、データの通信が多すぎるユーザーがいる場合は、そのユーザーは通信速度を制限する措置の対象になります。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量を合計し、ある規定の容量をオーバーしてしまった利用者には、データ通信速度を遅くされてしまいます。もし、直近の利用日の3日間で規定量を超えなければ、自動的に対象外となるのです。通常の使用量であればまず引っかかることはない制限にはなります。契約プランごとの規定容量 3.1GBプラン:540MB 5GBプラン:1GB 10GBプラン:1.7GB

楽天モバイルのユニークポイント

楽天モバイルはNTTドコモから回線を借りて格安SIM,格安スマホを提供するMVNOの一つです。大手3キャリアからの乗り換えなら、スマートフォンにかかる月々の金額をかなり抑えることができます。月々1,250円という低価格で利用出来る格安スマホサービスとして人気となっています。楽天モバイルは、docomoの回線網を利用しているので、気になる通話の音質・電波状況・そのほか回線に関する品質などは、全て、NTTドコモのスマホと変わらないため安心です。また、楽天モバイル契約期間中は、楽天市場のポイントが2倍になるという特典も見逃せません。楽天モバイルって何?という方もいらっしゃるかと思いますので、楽天モバイルがなぜ話題なのかをまとめたレポートになります。楽天モバイルの長所・短所交えながら、ご紹介します。

docomoエリアで使える格安SIM・格安スマホ

お得なサービスの楽天モバイルは、NTTドコモの回線を利用しています。そのため、ドコモとう同様の高品質な通話品質となっています。サービスが使える範囲もdocomoと同じく広範囲で、圏外で使えなくなることも少なく信頼度は高いです。docomoのスマホならば、ほとんどの機種で楽天モバイルに対応しています。それだけではなく、楽天モバイルから販売されているSIMフリースマートフォンの購入でも利用することができるのでおすすめです。現在、ドコモのスマホを利用しているのであれば、SIMカードを楽天モバイルで契約するだけでサービスを利用できるので、また新たにスマホを購入しなくていいのです。ドコモ回線を利用した高品質で低価格を実現した楽天モバイルは、信頼できる格安スマホサービスです。

格安スマホの機種がよりどりみどり

楽天モバイルで使用できるスマホを持っていない場合には新たに端末を購入することで利用を開始することができます。楽天モバイルで購入可能なスマートフォンは、特徴的なのが種類の多さで、他のMVNOよりも選択肢が豊富です。 また、スマホに限らず、タブレット端末の機種も豊富で選択肢に迷ってしまうほどです。楽天モバイルの弱点のひとつとも言えるのが、楽天カードの会員のみが、端末代を支払う際の分割払いサービスを受けられるということです。もし楽天カードを持たないまま端末を購入するのであれば、分割払いを利用することはできません。とはいえスマホの種類の豊富さは群を抜いておりそこが楽天スマホの大きな魅力とも言えるでしょう。

データ通信料の繰越し対応

契約したプランの内容によって、利用できるデータ容量は異なりますが、あまり利用しなかった月は、データ容量が余ってしまうことが考えられます。楽天モバイルならば、次月に繰り越すことが出来るのです。MVNOの中には、残ったデータ容量を翌月に繰り越せないものもあるので、翌月に繰り越せる楽天モバイルはおすすめのMVNOです。出来るだけ損をしないような使い方をいたいと思う人が大半だと思うので、このサービスはとても魅力的です。

通話料がお得になる、楽天でんわ

「楽天でんわ」とは、楽天グループ傘下の楽天モバイルが提供している、通話料が半額になるという非常にお得なサービスです。よくあるIP電話とは異なり、「 プレフィックス型通話」と呼ばれるサービスで、電話をかけたときにはその番号が相手側に通知されるのです。相手に表示される電話番号は、日常使いしている番号です。つまり、電話の相手側からすると、いつもどおりの電話と変わりはないのです。大抵のIP電話では、非通知表示であったり、050から始まる番号が表示されたりしますので、発信者が分かりづらく使いづらいのですが、楽天でんわであれば、そのような心配な不要です。楽天でんわでの通話料金は、楽天ポイントの加算対象になりますので、更におトクですね。

5分かけ放題とは?

auやドコモ、Softbankといったキャリアは、どこにかけても通話料無料という料金プランがある一方、MVNOでは、話し放題サービスを提供していないのがほとんどです。MVNOの格安スマホは魅力的だけど、比較的通話回数が多いから不安だなー。という方も安心。楽天モバイルが提供する5分かけ放題オプションは、月額850円で国内の通話が5分以内なら何度でもかけ放題となるサービスです。電話回線を利用している楽天モバイルの5分間かけ放題のオプションは、楽天でんわと同様に、発信者番号通知にも対応し、不審に思われることなく、5分間が通話し放題になるという利点があります。NifMoの話し放題サービスの多くは、電話番号が通知できないということが多いと言われています。楽天でんわだと1分で約22円になるので、毎日2分は電話する人にはお勧めのオプションですね。

最初のひと月は無料!

楽天モバイルのお得な特典の一つにSIMカードの契約をすると、最初の一月は月額料金がタダになります。SIMカードが手元に届いたら、その月が初めて1ヶ月の月になります。もしも1日に届いたら、その月あと30日分ずーっとタダ!契約時期は現在利用中のものからの乗り換えや手数料も関わってくるので、絶対に月初待つのがお得だとは言い切れません。

楽天モバイルの月額プラン

楽天モバイルの月々の値段について説明します。現在使っている携帯代と比較しながら、携帯料金がお安くなり、節約できるのかをご覧いただければと思います。どれだけ安くなるのか、月額プランの詳細を見てみましょう。

料金

楽天モバイルの料金プランは、SIMというのは音声用とデータ用と2種類あり、料金も異なります。070/080/090番号を使う場合には、音声SIMを選ぶことになるので、従来の携帯電話として使用する場合には、データ通信しかできないSIMを絶対に選ばないよう気をつけましょう。音声SIMの料金は、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円です。

データ専用SIMの月額費用は、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円となっています。

ベーシックプランは、低速通信使い放題が使用できるプランで、このプラン意外は、LTEの高速回線という225Mbpsの利用となります。初期費用は3.240円ですが、端末も必要な場合はプラス端末代もかかります。

楽天モバイルの解約手数料

解約縛り、これは頭に入れておいてくださいね。データSIMのご利用の際には、利用期間は特に定められておりません。いつ解約しても、解約手数料は掛からないのが嬉しいですね。一方の音声通話SIMは、少なくとも12ヶ月間は利用し続けなければならないという、決まりがあります。もし、12ヶ月以内に解約をする場合、契約を違反してしまいますと9800円の費用が発生しますのでご注意お願いします。このような決められた期間が過ぎて次の12ヶ月が自動更新されるキャリアと比べると、13ヶ月経てば、いつ解約してしまっても違約金が発生しないことはメリットですね。

【終了間近のキャンペーン】

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)